Pocket

お久しぶりの更新です。

こんにちは(* ̄∇ ̄)ノ✨

 

今日、7月4日は、私にとってこの先ずっと

いろんな意味での ZEROポイント です

 

 

 

 

一年前の今日、

主人が亡くなった  と、警察から連絡がきました

 

それは同時に、

40年以上生きてきて、1番長い日の始りでした

 

途方に暮れる暇もなく

警察へ行き、いろんな手続きを流れるままに

 

私の父が、警察へは一緒にいてくれたので、

思考が働いてくれました

 

そこからも、不安と憤りと現状把握に苛まれ、

だいじょうぶ だいじょうぶ と勇気を振り絞って

そこに居ました

 

子どもたちには、詳細を伏せたままで

 

家で母や駆けつけてくれた叔母と従姉妹が

見守ってくれていました

 

 

太陽が燦々と輝き始めた頃に動きだしてしまった

その事柄  だったのに

 

明日になろうか、というくらい遅くにしか始まらなかった血縁者たちとの打ち合わせ

悲しさを通り越した わたしの心

虚しさと隣り合わせ

 

何が本当で何が偽物か 分からない世界

 

そんなキマリゴトに、何の意味ももたらされない

そんなことを知った日

 

世の中、見えないものは信じない可笑しい怪しいと拒む人もいるけれど

見えるものなのに そこに在ることなのに

見ることもしないで払いのけてしまい

失ってしまったのにそこに氣づかず

その上、愛を惜しみ保身にはしる

いや、愛をだす ということすら知らないのかもしれない

 

 

 労いの言葉もなく、子どもたちを気づかう言葉もなく、悪気もなく、

モノも語れなくなった彼と、不安しかない私を

葬儀場に二人きりで置いてかれたあの瞬間

 

 

でも、心底ホッとした あの瞬間

 

 

友引を挟んだので、

葬儀は7月7日七夕の日でした

 

4日の ZEROポイントから

七夕の日までの間

 

私は、大切な人を亡くしてしまったけれど

望んでいたものを、既に全てもっていた!

と言うことを、あの場にいたすべての人に

氣づかせてもらった時間でした

 

全ては そこに 在ったの  すでに

 

愛されてる大切な私と

愛してやまない 大切な人たち

もの こと 愛 想い エネルギー ふれあい

時空を越えて

望むものは全て在った

 

ないことに していたのは わたし だった

 

ソノホウガ ツゴウガ ヨカッタノ ダロウ

 

 

だって、それを認めると もう 自分に 嘘がつけなくなってしまうのだから

 

 

私は、スルー力抜群で 忘れっぽいから

氣づいたことも、流れしてしまうのだけど

 

彼のおかげで、

このZEROポイントから七夕までの間は

生きてる限りずっと

それを素直に 受け取り 受け入れたことに

感謝してやまない時間となるでしょう

 

受け入れた自分を更に愛せる時となるでしょう

 

この一年、たくさんの感情を受入れ見てきました

いろんなことを知り 思い出し アップデートしてきました

 

 

 

わたしは  自由  です

 

 

 

あなたも 自由 です

 

 

 

どこまでも…

 

 

 

 

次の一年は、

どんな彩りを魅せてくれるのでしょう

 

 

みるのは 自分次第 だけどね

 

見えるものも 見えないものも

同じところに 在るんだよ

 

 

らびゅ~❤*えりこ